スポンサーリンク

多読英語の初心者でもスラスラ読める! 楽しく多読を続ける方法

海外の記事を読んで、情報を知りたいと思ったことはありませんか?

「ネットで海外の最新の情報を得たい、詳しい記事を読みたい」

「翻訳されていない英語の記事から有力な情報を取得したい」

と思ったことはありませんか?

簡単に読め、効果はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

多読をすることで読めるようになります

多読とは英語の文章を普段から多く読むことです。

英語が読めるようになるには慣れです。

普段から簡単な英文から読む習慣を身に付け、慣れると長文の英文が読めるようになります。

感覚としては、普段生活のなかに英単語は溢れていて特に気にすること無く生活していることに気付きます。

例えば、
「open」「close」とか、
「man」「woman」とか、

恐らくこの内容でしたら頭のなかで日本語に変換せず、そのまま理解しているのではないでしょうか?

英文も同じです。

慣れると日本語と同じようにそのまま理解できるようになります。

誰でも始められます

多読には大学受験レベルの読解力が必要だと思われるかもしれませんが、必要ありません。

英語圏の小学低学年が読む物語から始めれば中学生レベルの英語力でも始められます。

多読をすることで、読むリズム感覚が身に付きます。英文をスラスラと理解することができるようになります。

多くの英文を読めば読むほど感覚が増し、スピーディーに読むことが出来るようになるのです。

TOEIC で挫折した方

TOEIC の勉強は、レベルを測ったり数値の目標としては良い勉強ですが、読解の勉強として実用的な技術が身につく多読をオススメします。

TOEIC よりも、読める英語の感覚を学びましょう。

目的はテストで高得点を取ることではありません。

自分に合っていて、納得のいく方法で学ぶことです。

本の選び方

レベルの選定

まずは自分に合ったレベルの本を自分の感覚で選ぶ事から始めます。

目的を忘れないで下さい。

楽しく読める本を選びましょう。

ポイントは自分のレベルに合った簡単な英文から始めることです。

レベルによっては英語を母国語とする国の幼児や小学生の読む物語を読むことから始めます。

文法などは後から必要に応じて学びましょう。

まずは読むことです。

まずは無料の本、立ち読み等で確認しましょう

洋書を扱っている本屋にて立ち読み。

ネットでオススメされている多読の本を調べる。

アマゾンのサンプルを読む。

Kindle 版ですとサンプルをダウンロードできますので、レベルを確認しましょう。

iBooks で公開されている無料の本を読む。

iPhone や Mac を利用している方は無料で利用できますので積極的に利用しましょう。

選ぶ基準

ポイントはスラスラ読めるレベルを選びましょう。

単語を調べなくてもスラスラ読めるレベルの本をオススメします。

理由は、勉強になってしまうと辛くなってしまいやる気を無くします。

少し簡単かなと思う本ほど楽しく多読を続けられます。

すらすら読めると英文で感動したりすることもあるため、多読が楽しくなります。

「一番重要なのは英文を楽しむこと」です。

本当に自分に合った内容に出会うには試すことが重要です。

失敗を恐れず試し読みを繰り返して自分に合ったレベルかを何度も確認しましょう。

一番の基準は楽しく読めるレベルかで選ぶか、ほんの少しだけ楽しい挑戦になる内容を選ぶことです。

多読をやる一番の目的は楽しく学べることです。

勉強ではなく。楽しめる題材を選びましょう。

ただ、楽しいの感覚は人によって異なるため、楽しいなら少々難しい本を選択しても問題ありません。

普段日本語で読む内容と比べてお子様な内容になりますが少し子供に戻った気分で楽しみましょう。

読み方

最初の読み方

知らない単語が出てきた場合は、解らなくてもどんどん読み進めましょう。

ただ、よく出てくる単語に関しては、調べましょう。恐らくネイティブ圏では当たり前に使われている単語の可能性があります。

また、あまりにもわからない単語が多い場合は全く理解できなくなってしまいます。

最初は英単語の知識不足の可能性もありますので、調べるこをオススメします。

他の多読の記事を読むと単語は前後から推測して単語を引かないと書かれていますが、良く出てきて前後の文脈から予測できない単語は辞書を引くことをオススメします。

ただし、あまりにも辞書を引く機会が多い場合は、目的は楽しむことなので、無理に辞書で調べるより、本のレベルが高い可能性がありますので、レベルを落とすこともオススメします。

このバランスは経験で自ら調整しましょう。

慣れてくると前後の文脈から単語の意味を想像できるようになり、読み進めることで再度同じ単語が登場した場合に以前よりさらっと読めていることに気付きます。

こなせばこなすほど基本的な単語の知識が増えレベルが上っても徐々にスラスラと読めるようになります。

少しぐらいなら解らなくてもどんどん読みましょう。

慣れてくるとスラスラ読めてきます。さらなに慣れると英語でハラハラ・ドキドキすることもあります。

重要なのは「楽しく読む」ことです。

こなしていくと

慣れると文章の前後で意味がわかるようになってくるので、接続詞などの感覚が自然に身に付きます。

前後の文脈で英単語の意味の予測できるようになり、気づくと感覚で単語を覚えられます。

日本語へ訳すこと無く英語で理解できるようになります。

左から右へ戻らなくても読めるようになります。

慣れてきたら少しだけ難しいレベルの洋書へレベルを上げましょう。

キンドルで読もう

アマゾンが無料で公開している電子書籍を読むためのアプリです。

多読で一番オススメの電子書籍リーダーとなります。

対応機種

iPhone Android Windows Mac など多くの機種に対応したアプリを無料で利用できます。

また、電子書籍を読むための専用の端末も売られています。

機能

キンドルには辞書が標準で付いています。

わからない単語をタップするだけで辞書が開きますので、簡単に単語を調べることができます。

最初に読むオススメの洋書は?

オススメは、下記で記述したMagic Tree House(マジック・ツリーハウス)です。

気になった方は一読ください。

多読英語の初心者でも読める、おすすめの「マジック・ツリーハウス」シリーズ 

最後に

多読をしましょう

最終的には他の言語だと思わず、日本語を見るのと同じ感覚で英語を見れるようになれたら最高だと思います。

何度も言いますが、

「多読は楽しく読むことを目的としましょう」

また、

「楽しく多読をすることができる方法で読んで問題ありません」

楽しいなら、ルールなどは完全に無視して構いません。

効率とか勉強とかは忘れて楽しく英文を読みましょう。

「楽しく英文を読み、そして世界の情報を楽しく仕入れるようになりましょう。」

読めることの楽しさを味わいましょう

同じ本を繰り返し読むと2回目、3回目と徐々にスラスラ読めるようになりますので、
スラスラ読めることの快感を味わうことができます。

シリーズのある本を選択することで続きを読む楽しさ、また、シリーズだと書き方の癖が似ていたり同じ単語が何度も出てきますので、楽しみながら続きを読むことができます。

上達すると本の内容によっては感動します。また、英語で感動できたことにさらに感動します。

単語、文法に関して

続けているとある時必要性を自ら認識する時が来ます。

その時自分が必要だと思う方法で学ぶと、これもまた楽しく学ぶことができます。

強制はしませんが、やはり文法や単語は知っているのと知らないでは大幅に読むスピードと理解力が変わってきますので、適度なタイミングで一通り学ぶこともオススメします。

読めると人生が変わります

人生得します

英語から逃げることでお得で楽しいことを逃すことで、人生で損をしているのではないでしょうか?

グローバル、ネット化により簡単に世界の情報を取得できる今、読めると人一倍に人生を楽しむことができるのではないでしょうか?

グローバル化が進んだ現在は必須です。

英語が理解できなくても、翻訳された日本語の記事は多く存在しますので困ることはないかも知れません。

ただ、人より早く一歩先の情報を取得したい場合は英語の内容を読むことが必要です。

他人にすごいと思われたり、一目置かれたり、高い評価を得て認められるためには海外の情報は必須です。

人より出世などを目指す方は海外の動向調査がより必須となるでしょう。

今日から始めましょう

多くの日本人は英語を見ると苦手意識で目を逸らしてしまいます。

恐らく英語が苦手な方は英語の文章を見た瞬間読めないと思い込んでいる方が大半だと思います。

多読をすることで英文に慣れましょう。

慣れると感覚で英語を読むことが出来るようになります。

タイトルとURLをコピーしました