スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルカリで現金が売っている理由

最近、メルカリで現金を売っているのを見ます。

しかも、現金50,000円を、59500円で売っています。

さらに、売れてます。

他にも、5000円チャージされた Suica(スイカ)が6325円で売っています。

いったい誰が買うのでしょうか?

購入するのは「今すぐ現金が必要な人」です。

銀行にお金がない、でも今すぐに現金が必要な人です。

例えば、消費者金融やサラ金にすぐに返済返済しないとダメだが現金がない方が購入します。

多重債務者ですね。

どうしてお金がないのに購入できるのでしょうか?

クレジットカード決済を利用して現金を購入するのです。

当たり前ですが、クレジットカードの支払いは1、2ヶ月先なので支払いを遅らせる事ができます。また、リボ払いも利用できます。

クレジット会社から借金をしてるのと同じですね。

そもそも、クレジットカードのキャッシングでお金を借りた方がお得では?

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。

※ 枠とはカード会社から借りれるお金の限度です。契約書や明細を見ると自分が利用できるお金の利用限度が書いてあります。それを「枠」と言います

※ 「ショッピング枠」とは、店舗やインターネットを利用して商品を購入する時の限度額になります。

※ 「キャッシング枠」とはカードローンを利用してお金を借りる時の限度額になります。

※ 「キャッシング枠」は「ショッピング枠」の中に含まれます。例えば、キャッシング枠が20万、ショッピング枠が50万の場合、キャッシングで20万を利用した場合、ショッピング枠は残り30万になります。

恐らくこの方は既に「キャッシング枠」を利用して既に現金を借りています。

それでもまだ現金が必要な場合、「ショッピング枠」を利用して現金を用意する必要があるのです。

崖っぷちなのです。

そもそも違法でないのか?

このような行為は「クレジットカードの現金化」といいます。

昔からありました。

たまに街で見かけませんか?

買取業者が指定した商品をクレジットカードで購入して80%位で買い取ってもらっていたのです。

このような行為はグレーゾーンと言われているようですが、街の買い取りでは逮捕された例もあるようです。

また、カード会社の会員規約では換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止しています。場合によっては利用停止や強制退会もあるそうです。

ちなみに消費者庁はこの行為を警告しています。

メルカリは対応してるのか?

そもそも、メルカリでは現金のカテゴリがあり、旧型貨幣の売買は積極的にされていました。

現在はメルカリはこれを問題と捉え、現在発行されている貨幣の売買を規約にて禁止しました。

また、パトロールによる巡回にて発見しだい削除しています。

ただし、いたちごっこのようです。

出品者が現金が売る。

メルカリが現金の売買を禁止し出品を削除。

出品者が ic 電子マネーカードにお金をチャージして売る。Suica(スイカ)など。

メルカリが電子マネーも現金等の規約に当たるとして出品を削除。

出品者が現金を折り紙のようにしてアートとして売る。

メルカリが現金と変わらないため出品を削除。

最後に

謎がとけましたね、

ただし、いたちごっこは今後も続くでしょう。

「あーすれば」「こうする」

出品者もいろいろな手段を使って出品するのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました