インターネットの速度が遅い、動画が止まる、回線接続を改善する方法、初心者でもできる

最近、インターネットが重く、動画が遅く感じることはありませんか?

最近、光回線を契約しているのにネットが遅い方が増えています。

また、「YouTube」「Netflix」「hulu」などの動画が途切れたり、止まったりと再生できない方が増えています。

また、接続が安定しない、動画が止まるなどの症状もよく聞きます。

特に夜の10時前後に遅くなる方が増えています。

基本的には100M 程度の契約でもスムーズに鑑賞で、50M でも問題ありません。

この記事では、ネットが遅く感じる方向けに改善する方法を解説します。

記事を読むことで、確認の方法と、改善する方法を紹介しましたので、一度試すのはいかかでしょうか?

なぜ、スムーズに再生されないのでしょうか?

インターネットで動画を鑑賞する人が増えたことが影響し、回線が混雑しているのが原因です。

特に夜の10時前後は動画を鑑賞する時間帯となっていてとても混雑しているのです。

また、人によってはダウンロードやアップロードのスピードにも影響が出ています。

安定してスピードを上げる方法は無いのでしょうか?

あります。

これから解説する内容を対応することで、回線が劇的に改善します。

ここでは、できるだけ素人でも改善できる方法を解説します。

※ 難易度的には「IPv4」「IPv6」の用語がでてきますが、そういうのがあると知るだけで十分に対応できます。ここでは詳しいことは書きませんので気になった方は改善後に少し調べてみると勉強なります。

対象者は、夜の10時前後に動画の視聴が遅くなる方となっています。

ただ、それ以外の方でも対応することでネット回線環境が改善されますのでやって損はありません。ぜひ対応して快適なインターネット環境を満喫しましょう。

遅くなる原因

回線が遅くなる原因は「IPv4」(アイピー、ヴイ、ヨン)で接続しているのが原因です。

最近、プロバイダーは「IPv4」接続時は時間帯によって速度制限をしています。

簡単に言うと「IPv6」(アイピー、ヴイ、ロク)で接続することで改善できます。

ここで少しむずかしい用語が出てきても大丈夫です。

これから説明する手順に沿って行動すれば良くわかっていなくても解決しますので読み進めましょう。

プロバイダーへ問い合わせ

難しいことは置いておいて、プロバイダーに問い合わせて「IPv4」か「IPv6」のどちらで接続しているかをまずは問い合わせしてください。

プロバイダーへ聞くだけなら費用は掛かりません。

プロバイダーの方はとても親切なので優しく教えてくれますのでまずは上記を質問してみましょう。(もし不親切だったら、今後の契約も考えた方がいいですね。)

また、電話だと繋がりにくい場合、メールで問い合わせれば時間の無駄もないでしょう。

聞きたいことは「IPv4」か「IPv6」のどちらで接続しているかなのでメールでも問題ないでしょう。

また、プロバイダーによっては確認できるサイトもありますので URL があるかを聞いてみるのも良いでしょう。

プロバイダーからの回答

もし、「IPv4」と言われた方は簡単に改善できる可能性があります。

※ 「IPv4」ですと言われた方で、余裕のある方は「IPv4」の場合、「時間帯によって速度制限が掛かっているか?」と「「IPv6」にした場合、速度制限が掛からないか」を確認してください。

※ もし「IPv6」と言われた場合、まずはプロバイダーになぜ遅いのかを相談してください。それでも改善できない場合は他のプロバイダーへ乗り換えることも検討してください。また、どうしたら改善できるかをプロバイダーに聞くことをオススメします。下の方で説明しますので読み飛ばしてその解説をお読みください。

「IPv4」で接続していると言われた方

「IPv6」で接続できるかをプロバイダーへ問い合わせてください。

接続できる場合は次の項目へお進みください。

※ プロバイダーが対応していない場合、他のプロバイダーへ乗り換えることをオススメします。もちろん契約は「IPv6」で接続できるプロバイダーを選んでください。また、契約時に「今の環境は遅いので改善したいので乗り換えたい」こともお伝えください。

※ 「既に接続できます。」と言われた方は、現在利用しているルーターが「IPv6」に対応しているかを確認してください。

プロバイダーが「IPv6」対応していた場合

プロバイダーに「IPv6」で接続したいと伝えてください。

恐らく無料で「IPv6」へ接続できるように対応してもらえます。

工事完了後に「IPv6」で接続できるようになった場合

ルーターが「 IPv6」に対応していた場合、プロバイダーの工事完了後に特に設定することなく接続できます。

完了後に一度接続を切って再度接続してみましょう。

接続後に再度プロバイダーへ「IPv6」で接続しているかを確認しましょう。

接続していた場合は速度が改善している可能性があります。

動画を再生して確認してみましょう。

動画がスムーズに再生されたのではないでしょうか?

※ それでも「IPv4」で接続していますと言われた場合、ルーターが未対応の可能性があります。次の項目へお進みください。

ルーターが「IPv6」に対応しているかを確認する。

ルーターの説明書を読むか、製品のホームページを確認して対応しているかを確認しましょう。

良くわからない場合、メーカーへ問い合わせて確認しましょう。

※ ホームページの問い合わせからメール等でできると思います。

ルーターが対応していない場合

新しいルーターを購入する必要があります。

少しもったいないと思うかもしれませんが、最新のルーターはWi-Fiの性能も上がっていますので多くの意味で勝手そんはないでしょう。また、最近は安いものだと5000円位で購入できます。

電気量販店へ行って事情を説明し「IPv6」で接続できるルーターが欲しいと言えば問題ないでしょう。また、現在契約中のプロバイダーをメモすると良いでしょう。

また、プロバイダーに問い合わせると、対応しているルーターを教えてもらえます。

購入後、設定をして動画がスムーズに再生された場合は改善完了になります。

プロバイダーに「IPv6」で接続中ですと言われた場合

プロバイダーに相談しても改善の余地がない場合他のプロバイダーへ乗り換える選択肢が必要もあります。

ただし、別のことが原因の場合があります。

契約変更には金銭が発生しますのでよく調べてから変更しましょう。

契約は「IPv6」で接続できるプロバイダーを選んでください。

また、契約時に「今の環境は遅いので改善したいのでのりかえたい」こともお伝えください。

さらに、「IPv6」接続時に速度制限がないことも確認しましょう。

ただし、ほぼ無いですが、プロバイダーによっては「IPv6」で接続しても遅い所もあります。

口コミ等も確認し品質の高いプロバイダーを選択しましょう。

基本的には「IPv6」で接続することで改善されるはずです。

プロバイダーが「IPv6」に対応していない場合

上記「プロバイダーに「IPv6」で接続中ですと言われた場合」を参照ください。

タイトルとURLをコピーしました