スポンサーリンク
スポンサーリンク

新 iPhone7 イヤホンジャックがなんと廃止 !?

新 iPhone7 イヤホンジャックがなんと廃止 !?

今年の9月に発売されると思われる 新 iPhone ではイヤホンジャックが廃止される噂が飛び交っています。
イヤホンジャックがなくなるとどうなるのか?
結論的には人によって良くも悪くもなります。下記にメリットとデメリットをまとめましたので普段の利用シーンを思い浮かべて自分にとっては良いことなのか悪いことなのかの判断をしてみてください。

 

メリット デメリット

メリット

  • イヤホンジャックからホコリが入らなくなる。
  • 防水の効果が増す。
  • iPhone の構造がシンプルになるため、軽くなったり、値段が安くなったりする。
  • イヤホンジャックの故障がなくなる。

デメリット

  • イヤホンジャックに対応したヘッドホンが利用できなくなる。
  • 接続は Lightning ケーブル、または Bluetooth の接続になる。
  • Lightning は軽く引っ張っただけで抜ける。
  • Bluetooth の接続は少々リテラシーのハードルが上がるので初心者は苦労する。
  • Bluetooth の接続により電池の消費量が増える。

 

筆者的としては

個人的には歓迎です。理由は iPhone では音楽を聞かず未だに iPod を利用しています。
iPod の利点は、
  • ネックストラップを利用して首から下げられる。
  • 胸元でさっと曲の停止等をコントロールできる。
  •  iPhone から 音楽の機能を完全に分離できる。
これらの点で未だに第6世代iPod nano を重宝しています。軽いので首から楽に下げられます。これ以降の機種は大きくなったのと、Lightning のケーブルに変わってしまったのでガッチリと固定できるネックストラップがないため新しい機種へ移行できません。今の機種が完全に手に入らなくなったら、諦めて iPhone へ移行しようかなと思っています。
一番の理想は、iPod と同じ感覚で iPhone の音楽をコントロールできるガジェットが出てくれることを望んでいます。

 

タイトルとURLをコピーしました