不眠、頭痛、スマホを使いすぎてませんか?症状を改善する3つの方法

不眠、頭痛の一つに、スマホのやりすぎが原因となっています。

他には、以下のような症状がでる方もいます。

  • 寝付きが悪い
  • 目がよく覚める
  • 肩こり
  • 吐き気
  • 興奮

心当たりはありませんか?

特に寝る1〜2時間前に凝視するような操作はしていませんか?

  • 動画を読む。
  • マンガ、本を読む。
  • ウェブサイトを見る。
  • Line、Facebook、Instagram等のSNS。

これらの操作、鑑賞が不眠、頭痛を引き起こしています。

特に液晶は、ブルーライトと呼ばれる光を発していて、それが原因と言われています。

だからといってスマフォを止めることはできません。

スマフォなしでは生活が成り立たないのです。

ここでは、少しでも影響を抑える方法を解説します。

ブルーライトを軽減する

液晶からはブルーライトと呼ばれる目に悪い光が発せられています。

ブルーライトは既に世間で問題になっています。

そこで、新しい端末(OS)ではブルーライトを軽減させる設定をすることができるのです。

  • iPhone では「Night Shift」と呼ばれる機能。
  • アンドロイド では「Night Light」と呼ばれる機能。

と呼ばれる機能になります。

特に寝る前はこのモードへ設定し、少しでもブルーライトを軽減することが重要です。

ただし、この機能はブルーライトと呼ばれる液晶の青の色の発光を抑える機能になりますので、液晶の色味が変わったり、動画や写真の鑑賞では色合いが悪くなったりします。

部屋を明るくする

恐らく寝る直前に布団の中での操作が多いのではないでしょうか?

ベットで電気を消し、寝落ちしても大丈夫な状態で操作、鑑賞していませんか?

部屋が暗い状態で、明るい画面を見ることは、とても目に悪いです。

少し面倒でも、部屋を明るくして操作、鑑賞をしましょう。

※ リモコンで照明を操作できるようにすれば寝そうな時でもすぐに消灯できますね。

有機ELへ変える

有機ELと呼ばれる画面の端末へ変える。

iPhone では「iPhone X」「iPhone XS」が有機ELを採用しています。

有機ELは目に悪い輝度と呼ばれる光が抑えられています。

また、液晶より滑らかで反応も良いことから、とても見やすく目に優しい構造になっています。

アンドロイド でも多くのメーカーから販売されています。購入前に調べて有機ELの端末を選択しましょう。

※ ブルーライトは液晶のバックライトで利用されているLEDから発せられています。有機ELはそれ自体が発光するため、バックライトは必要ありません。有機ELの種類にもよりますが、かなり軽減されています。

その他

解決策ではないですが、そもそも1日の操作時間を減らす。

寝る2時間前は操作しない。

などが最大の改善案です。

余談ですが、PCの操作をよくしている方は、液晶の画面を何時間も見ているのではないでしょうか?

もちろん、PCの液晶も目に影響を及ぼしています。

同じく、液晶テレビも同じです。

これらも上記と同じく「ブルーライト軽減」「部屋を明るく」「有機ELへ変える」にて改善することができます。

タイトルとURLをコピーしました