スポンサーリンク

iPhone iPad アップデートの失敗を減らし安全に iOS をバージョンアップする方法

iOS アップデートの通知を受け取った時、更新して良いのか迷いませんか?

過去にアップデートに失敗して起動しなくなった方もいらっしゃると思います。

更新をすることで新しい機能が増えたり、不具合が解消されたり、電池の持ちが増えたりしますのでアップデートをオススメします。

ここでは、アップデートの「リリース日」「リリース後の不具合」「現在アップデートしても大丈夫なのか?」の情報を集め、公開しています。

※ 2020年 3月 25日「13.4」はアップデートして良いのか?

現在、13.4 はマイナーアップデートとなります。公開されたばかりなので1,2週間は様子をみましょう。

最新バージョン「13.4」は、3月25日にリリースされました。マイナーアップデートのため不具合がある可能性もあります。また、最悪起動しなくなる可能性もありますので様子を見ることをオススメします。

※ 12.x.x の方は大型アップデートになります。少々、機能、操作方法が変わりますのでご注意ください。13 がリリースされてから半年以上経っていますので1,2週間後に不具合が報告されなければ、安心してアップデートできますのでオススメします。

※ 各自の環境によって端末の状況は異なります。アップデートの前には必ずバックアップを取りましょう。

13.4 主な変更点

  • ミー文字

9つの新しいミー文字ステッカー(“笑顔とハート”、“ごめんなさい”、“パーティーフェイス”など)を追加

  • ファイル

iCloud Driveフォルダ共有が“ファイル” Appで可能
明示的に参加依頼した人のみにアクセスを制限、またはフォルダのリンクを知っている人は誰でもアクセスを許可
ファイルの変更とアップロード、またはファイルの閲覧とダウンロードのみにするアクセス権を設定可能

  • メール

メッセージの削除、移動、返信、作成ができる、常に表示されるコントロールをスレッドビューに追加
S/MIMEが設定されている場合に暗号化メールへの返信を自動的に暗号化

  • App StoreとApple Arcade

ユニバーサル購入への対応により、特定のAppを一度購入するだけでiPhone、iPod touch、iPad、Mac、およびApple TVのすべてで使用可能
最近プレイしたArcadeゲームが“Arcade”タブに表示されるようになり、iPhone、iPod touch、iPad、Mac、およびApple TVでプレイを継続可能
“すべてのゲームを表示”のリスト表示を追加

  • CarPlay

CarPlayダッシュボードに他社製ナビゲーションAppを対応
CarPlayダッシュボードに通話情報を表示

  • 拡張現実

AR Quick LookがUSDZファイルでのオーディオ再生に対応

  • キーボード

アラビア語の予測入力に対応

 その他の詳しい変更内容はこちら

各バージョン

  • 「13.3.x」の方は、マイナーアップデートになります。機能追加が含まれていますが、今回はバグフィックスも多く含まれているため積極的にアップデートすることをオススメします。
  • 「12.x.x」の方は、メジャーアップデートなので少々使い勝手が変わりますがほとんど変わらないと思って問題ありません。「11」へのアップデートは少々使い勝手が変わりますが、基本的には良くなっていますのでアップデートをオススメします。

安全にアップデートする方法

今回は、失敗が少なく安全にアップデートの時期のタイミングの記事になります。
やり方に関しましては後日別の記事にて記載する予定です。

※ 数年前はアップデートで再起動しない等の事象が発生することがありましたが、最近は起動しない致命的なエラーはほぼ報告されていません。ただし、あまり古いバージョンからのアップデートは避けましょう。こまめにアップデートすることでアップデートの失敗率を減らすことができます。昔は起動はしたが、アプリのデータが消えたとの報告を聞いたこともあります。

※ アップルも人によって環境が異なるため、100%するプログラムを提供することができないため、失敗する確率を減らす方法としてご理解をお願い致します。

※ ジェイルブレイクなど特別な使い方を利用している方はアップデートは避けてください。

※ アップデート後に Apple ID と パスワードの入力が必要な場合がありますので念の為にアップデート前に調べておくことをオススメします。

アップデートの種類

アップデートにはメジャーアップデート、マイナーアップデート、バグフィックスアップデートの3種類があります。

※ キャリアップデートに関しましては特に起動しなくなる不具合は起こったことがないので、積極的にアップデートをしましょう。

※ iOSのアップデートはDocomo、au、ソフトバンクで共通です。

※ アップデートは OS ですので、iPhone4/4s、iPhone5/5s、iPhone6/6s Plus 等のハードウェアの機種は特に気にしなくて問題ありません。

メジャーアップデート(アップグレード)

メジャーアップデートは大幅なアップデートで場合によっては見た目、操作性、設定方法など多くの機能が変更されます。

これによって少し新しく覚えなくてはならないことが発生します。ただし大きく新しい機能が実装されますので利便性が大幅に向上します。

また、場合によっては動作のしないアプリもありますので注意が必要です。ただ、基本的には大体動作すると思って問題ありません。

きちんとメンテナンスされているアプリは直ぐにアップデートされるのであまり問題ないと思います。

一番左の番号の数字が増えます。
「10.3.3」

「11.0.0」

マイナーアップデート

マイナーアップデートは主に新機能が反映と以前の不具合の修正が適用されます。

新しい機能の恩恵を受けたい方は是非アップデートしましょう。

ただし、新機能の追加が主なため、新たなバグが発生する可能性もあります。

バージョンの数字としては「9.3.0」のように

真ん中の数字が増えます。
「10.2.1」

「10.3.0」

バグフィックスアップデート

バグフィックスアップデートは主に不具合の修正が中心となります。

効果としては、不具合、電池持ちの解消が期待されます。

不具合の解消なので、逆に不具合が発生するほうが珍しいです。

一番右の番号の数字が増えます。
「10.3.0」

「10.3.1」

アップデートのタイミング

さて3種類もあるアップデートですが通知が来てからいつのタイミンでアップデートをすれば問題なくアップデートできるのでしょうか?

種類別に記述しましたのでアップデートの種類に応じてタイミングを見計らいましょう。

メジャーアップデートの場合

「10.3.1」のようにバグフィックスアップデートがリリースされて5日程待ったあとアップデートをしましょう。

「10.0.0」のようにメジャーの一番最初のリリース版には不具合が多く含まれていることが多いため、「10.0.1」のように1度バグフィックス版が出た後のバージョンを適用しましょう。

※ リリースされたバージョンに深刻な不具合が存在した場合は、経験則上1日も経たない間にユーザからアップルへ報告があり、直ぐに配信が停止されますので5日も待てばほぼ問題のないアップデートプログラムが配信されているはずです。

マイナーバージョンの場合

5日程待ったあとインストールしましょう。

ただし本当に慎重にインストールしたい方は、
「10.2.2」

「10.3.1」
のようにマイナーのバグフィックスアップデートがリリースされて5日程待ったあとアップデートをしましょう。

※ リリースされたバージョンに深刻な不具合が存在した場合は、経験則上1日も経たない間にユーザからアップルへ報告があり、直ぐに配信が停止されますので5日も待てばほぼ問題のないアップデートプログラムが配信されているはずです。

バグフィックスアップデートの場合

2,3日程待ったあとインストールしましょう。

※ リリースされたバージョンに深刻な不具合が存在した場合は、経験則上1日も経たない間にユーザからアップルへ報告があり、直ぐに配信が停止されますので5日も待てばほぼ問題のないアップデートプログラムが配信されているはずです。

最後に

ちなみに筆者は新しい物好きなため特にメジャーアップデートがリリースされる時はされる時間が発表されますのでその時間になった瞬間にリスクを恐れずアップデートをします。

ただし同じように考えている人が多くいるためサーバに繋がらずいつもなかなかアップデートできません。まあ、お祭りなので気長なに待ちながら楽しんでいます。

※ 当記事ではこちらの情報を元にアップデートを行うことで限りなく安全にアップデートできる情報を掲載しておりますが、各個人の端末の状態は全て同じではありませんので絶対に成功するわけではないことをご了承ください。アップデート時は各個人の責任において実施をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました