スポンサーリンク

iPhone 購入時、機種と容量を選ぶ方法

iPhone 購入時にどの種類を購入をすれば良いの?

iPhone 購入時にどの機種を選択すれば良いか迷いませんか?
また、容量もどれを買って良いのか迷います。

答え

下記を参考にシンプルに考えましょう。
特別こだわりのない方は特にシンプルに考えれば直ぐに答えを見つけることができます。
また、目的を確認すれば簡単に決められます。
人によって選ぶ基準が違いますが、そんなに悩む必要はありません。

 

種類の選び方

現在売られていてバージョンが最新の物から比較します。
細かくややこしい機能で比較するのではなく日常のテーマから比較すると簡単に選択できます。

大きく3種類

メリットとデメリットを簡単に書きましたので、自分に合ったものを選択しましょう。

iPhone

一番人気のある機種で画面サイズも中間なため、普段使うにあたり一番適当です。
平均的な男性の手のサイズだと本当に丁度良い大きさとなります。
女性ですと少々大きいと感じる方もいるようです。
基本的にこだわりのない方はこの機種を選ぶことをオススメします。

iPhone Plus

大きい画面を求めている方。
電子書籍や書類を頻繁に参照する方。
(ただし本当に電子書籍を中心に見る方は iPad も考慮に入れましょう。)
本体が大きいためポケットへ格納するに少々苦労する。
女性では大きく過ぎると感じる方もいますが、ポケットに格納せず常にカバンに格納する方はこちらでも良いのではないでしょうか?
男性で手の大きい方は意外とマッチします。
店舗等で大きさを確認し普通に操作出来る方はこちらを選択しましょう。

iPhone SE

小さい画面でコンパクトな大きさを求めている方。
手の小さい方、少し位画面が小さくても気にならない方。
少々処理速度が遅いですが、ゲームのような重い処理をするアプリを利用しない方。
ブラウザ、メール、Line、Facebook 程度などシンプルなアプリのみを利用する方でコンパク
トなスマフォを求めている方。
スマフォの画面が小さくても事足りる方。
スマフォをあまり利用しない方。

 

容量の選び方

現行機種で売られている容量は下記の通りとなります。
(単位はギガ)

iPhone 6

16、64、128

iPhone 6 Plus

16、64、128

iPhone SE

16、64

 

簡単にどれを選べばいいのかを知りたい方

16ギガ

基本的に音楽を聞かず、アプリも基本的な情報ツールのみを利用する方。

64ギガ

音楽は最高でも200枚程度でアプリも数個のソーシャルアプリゲームを利用する位の方。
大体平均に利用している方はこちらを選択しています。

128ギガ

音楽を500枚程度持ち歩き、多くのゲームで遊びたい方。
1日に何枚も写真を取り常に写真を持ち歩く方。
ビデオを良く撮影する方。
本当にざっくりですが、大体どれを選べば良いかを知りたい方は上記から選んでも良いでしょう。

少し詳しく計算したい方

普段 iPhone で利用する内容で異なります。
下記を参考に電卓等で計算してみましょう。
また、ギリギリだと後々苦労するのでゆとり分を足した容量を選びましょう。

音楽を聞く方

音質によって異なりますが、簡単に計算すると1アルバム60分として、1枚120メガとするとアルバム100枚で12ギガとなります。

写真

1枚あたり2メガで計算すると、500枚で1ギガとなります。
写真をスマフォに全てを保存したい方は未来にどの程度写真が増えるかを計算しましょう。

アプリ

ゲーム等を多くインストールして遊ぶ方はアプリによって異なりますが、1アプリ保存も考えると多いアプリでは1ゲームあたり1ギガ程必要とするアプリもあります。

システムOS の領域

バージョンによって異なりますがゆとりを持って5〜10ギガ程確保しておくと安心です。
システム領域なので無条件で必要なサイズとなります。

ビデオ

基本的にビデオ撮影を中心としたい方は無条件で128ギガを選択した方が良いと思います。
他にビデオ動画を持ち歩く方やアプリのデータや写真のデータを持ち歩く方はその分を足し込む必要があります。
上記を参考に計算し自分がどれを選べば良いかを検討しましょう。
購入後に計算が合わず容量が足りないと泣きそうになりますので、ゆとり分を足した容量を購入することをオススメします。
恐らく購入後2年位は利用すると思いますので、その間に生活習慣も変わること考えると多めの容量を購入しておけば安心して利用できます。

最後に

iPhone は 平均で8万する高い買い物です。
最近は端末0円や分割購入にて購入時には料金を支払わないことが多いですが、PC並に高い買い物です。
後で後悔しないよう性能的にも容量的にもゆとりのある機種を選択することをオススメします。
また、性能の良い機種を持つことで満足感が高まりますので良い物を選択することをオススメします。

 

タイトルとURLをコピーしました