スポンサーリンク

AppStore ランキングロジック と 検索アルゴリズム の 変更履歴

ダウンロード数が急減? 急増?

2015年 11月 26日 現在

アップストアのランキングロジックが変更されると喜ぶディベロッパーと泣くディベロッパーがいます。ずっと安定したダウンロード数がある時急に減ったとか、徐々に減ったとかを経験した方もいます。

アップルによる過去のランキング変更の日付と内容をまとめましたので、原因の解析、今後の予測などに利用できるのではないかと思います。

ただ、アップルはロジックの変更を発表しておりませんので、様々な研究者の予測になりますので、参考程度にお願い致します。

まずはおさらいから、現在有力なアルゴリズムを紹介します。

ランキング集計アルゴリズム

ネット上にはいくつかの情報が錯乱していますので、何パターンか紹介します。

1 (当日のDL数 x 3)+(1日前のDL数 x 2)+(2日前のDL数 x 1)+ レビュー数と評価 + DAU (当日のアクティブユーザ数)

2 (当日のDL数 × 8)+(1日前のDL数 ×5)+(2日前のDL数 × 5)+(3日前のDL数×5)+(4日前のDL数×2)+ レビュー数と評価 + DAU(当日のアクティブユーザ数)

3 直近2、3時間のDL数 + 2〜3日前のDL数 + レビュー数と評価 + DAU(当日のアクティブユーザ数)+ 売上

どれが本当に正しいかはアップルがロジックを公開していないため、正確には不明です。
ただ、どれも基本的な概念としてはほぼ同じだと思われます。

検索結果のアルゴリズム

アプリに登録されているキーワード、タイトル、他、からにマッチしたアプリからダウンロード数等が加味されて検索結果の順位が決まり表示されます。
また、結果に検索結果のアプリに関連性のあるアプリも表示されます。

変更履歴

ネット上に多くの変更履歴が流れていますが、個人的な予測など信頼性の薄い情報は除いています。
下記で紹介している事例は比較的に大きな変更で小さな微調整は日々変更されているのではないかとも言われています。
また、突然変化して、元に戻ったりと、ABテストのような実験をしているのではとの噂もあります。

2015年 11月 3日 前後 と 中旬 の 2回

検索アルゴリズムの変更
検索結果にそのキーワードが登録されているアプリと、結果にアプリに関連性のあるアプリが表示されるようになりました。
最初はダウンロード数の多いアプリが上位に表示されましたが、中旬頃に調整されました。

2015年 5月 6日 前後

ランキングのロジックの変更
アクティブ率の強化
正確にはどの程度重み付けが増したかは謎ですが、
ブースト対策だとも言われています。
これによってブーストによる効果が薄れたとも言われています。

2014年 10月 9日 前後

検索機能に人気検索を表示

2014年 5月 28日 前後

ランキングの結果が 200件 から 150件 に変更されました。

2014年 1月 7日 前後

ランキングのロジックの変更
ダウンロード数 より DAU (当日のアクティブユーザ数) の比重が高くなったと言われています。

2013年 12月 11日 前後

アメリカのアップストアにて検索アルゴリズムの変更
アプリによっては変更前後で8倍以上の変動がありました。
ランキングの結果が 300件 から 200件 に変更されました。
その後、日本のマーケットにも適用されたとか、されていないとか?

2013年 8月 9日 前後

無料ランキングのロジックの変更
ランキングロジックの更新時間が15分間隔から、3時間間隔へ変更されました。
ダウンロード数に DAU (当日のアクティブユーザ数)が初めて加味されるようになりました。
また、レビュー数と評価も初めて加味されたとの予測もあります。
その後、トップセールスにも適用されたとか、されてないとか?

2013年 3月

検索結果に関連ワードが表示されるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました