スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイフォンの修理は事前にバックアップが必須です

アイフォンは雑に扱うと故障します。

大切に使っていればあまり故障しませんが、落としたりするとすぐに画面等が割れます。

故障時はもちろん修理が必要です。

アイフォンは精密機械なので故障はその場ではほぼ直せません。

修理と言っても直せないアイフォンは新品との交換になります。

つまり交換すると使っているアイフォンは回収されます。

事前にバックアップを取っていないと交換時にデータを全て失ってしまいます。

データを失いたくない人はその場でバックアップを取るか再度予約来店することになります。

※ その場でバックアップを取る場合はアップルストアの WiFi を利用して iCloud へバックアップします。アップルストアは混雑しているため回線が遅くバックアップに数時間かかります。その場でバックアップはできないも同然と思いましょう。

※ 郵送による修理交換方法もありますが今回はストアでの対応を解説します。

修理時の簡易手順

アップルストアでの修理の簡易手順を解説します。

これを参考にまずは修理時に必須の手順を確認しましょう。

ストアの予約

アップルストアでの修理には予約が必要です。

予約がないと修理は受付てもらえません。

ウェブで予約します。

予約はアップルのウェブページにて予約が可能です。

※ 予約は混雑しているため早めに予約しましょう。

※ ストアでの対応以外にも方法はあります。
配送修理、認定修理店 でも修理、交換が可能です。
また、電話、チャットにて相談することも可能です。

ストアに行く直前にバックアップを取る

アイフォンが修理になるか交換になるかはストアでの査定にて決まります。

画面の日々等ならその場で治してもらえることもあります。

ただし、修理時にデータの保証はありませんので、事前にバックアップは必要です。

アプリなどのパスワードを確認する

交換後にデータを復元するとアプリによってはパスワードの再設定が必要です。

事前にパスワードを確認しておきましょう。

バックアップの方法

バックアップの方法は2種類あります。

パソコンでのバックアップ、iCloud へのバックアップ、があります。

※ 実際のバックアップ手順に関しては他サイトを参照ください。

パソコンの苦手な方や持っていない方は、iCloud へバックアップを取りましょう。

ただし、iCloud は容量の制限がありますので容量には気を付けましょう。

ストアで修理対応

予約した日時に店舗へ行きます。

アップルストアアプリを利用すると便利です。

チェックインもできます。

交換する

店員に対応をしてもらい交換の場合は交換してもらいます。

バックアップを復元

交換終了後にバックアップを復元します。

パソコン、iCloud を利用して復元します。

各アプリの再ログイン設定

バックアップから復元後はアプリによっては再ログインを求められます。

再度ログイン設定をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました